2008年09月28日

2本

今月は映画を2本見ましたよっと。

1本目は「ウォンテッド」

色々と消化不良な映画でしたが
さすがにアクションと映像は最高でした。

それとアンジェリーナ・ジョリーはやっぱり格好良かった。
この人はベタな純文学物よりも、良い意味で何の内容も無い
アクション物しか似合わないと思う。

でもこの映画一番の感想は、
アンジェリーナ・ジョリー全然主演じゃ無いじゃん。です。

これ見た人全員が突っ込みたくなるはず。


2本目は「アイアンマン」

マーベルのアメコミ原作映画です。

これは凄く楽しかった。

精神年齢が低い自分は、スパイダーマンやバットマンの様な
全身タイツ系アメコミヒーローよりも
機械で覆われたアイアンマンの方が数段格好良いとおもうんですよね。

動き出す時に手足の機械が立てるプシューって音や
動きのポイントポイントで鳴るウィーンって音に心躍ります。

そしてこっちのヒロイン、グィネス・パルトローさん。
久しぶりに見たけど、相変わらず不幸顔です。
余計なお世話だけど、見ていてこの人は大丈夫なんだろうか?
ととても心配になります。

まーこんな感じだったんですが、何て馬鹿みたいな感想なんだ。
posted by guji at 10:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

エイリアンVSプレデター2

エイリアンVSプレデター2見てきた。
R15指定の予告編を見てもっとグロいのを想像してたけど、
ちょいグロ程度でまぁ面白かったです。
それでも1には到底敵わないけど。

1に敵わなかった1番の理由は
プレデターと人間の「強敵」と書いて「とも」と読むみたいな
少年ジャンプ的茶番が一切無かった事だな。
1ではあそこが最も笑えるポイントだったのに。

それでも、エイリアン×プレデターのハーフの
プレデリアンなんて言うのが出てきて、
これがミジンコ程度の知能からイノシシ位にランクアップしただけだったり、
更にエイリアンにプレデターのドレッドヘアーが生えてたり、
笑えるポイントはそこそこ有ったよ。
結構お勧めです。

posted by guji at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

後味最悪

本当に久々に映画館へ行ってきました。
「ブラザーズグリム」以来かな??

久々なので張り切って二本立て。

一本は今更感の「Mr.&Mrs.スミス」
もう一本が見たくなかったけど、
相方に無理やり連れて行かれた「輪廻」

いや〜Mr.&Mrs.スミスはいいっすね。
久々のハリウッド的お気楽映画を見た気がします。

何も考えなくても、勝手にストーリーが進んでいって
はなっからストーリーの落ち着く先の見える映画大好きです!!

現実でイッパイイッパイなのに、映画の世界でまで、
辛い話や悲しい話を見たくないです。

って事でこれは大満足。


そして「輪廻」です。

これはもう怖いとか怖くないとかそういう話じゃないです。
(と言うか全然怖くなかったです)
中盤辺りで落ちは分かってしまうのですが、
とにかく後味が悪い。

この後味の悪さが恐怖を増す効果が有るとか何とかいう話なのかも
しれないですが、それにしたって最悪です。

時間と金を掛けて嫌な思いをしに行ったかと思うと、何だかな〜。
空しいな〜。

ま〜自分みたいな奴はアクションやSF、コメディーでも
見とけって話ですね。
posted by guji at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

999

昨日は友人に借りていた
「さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅」を見ました。

999と言えば、小学生の頃夕方やっていた再放送を
2,3度見た程度で事前の予備知識がほとんど有りませんでした。

あ〜それと、これも小学5年の頃の合唱コンクールで
クラスで主題歌を合唱しました。

そんなんで、いきなり「さよなら〜」なんてタイトルの付いている映画が
理解出来るのか不安でしたが、幾つか疑問が残る物の物凄く面白かったです。
この映画小、中学生の頃に見ておきたかったです。
そうしたらよりググっと来たとおもうんですよね。

ただメーテルが自分は時を旅する女だから年を取らないとか言って、
鉄郎と別れてたけど、なんだそれは?メーテルも機械?
posted by guji at 08:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

2本立て

昨日は久々に映画二本立て。

「チャーリーとチョコレート工場」「ファンタスティック4」



まずは「ファンタスティック4」から。


これは本当に面白かったです!!軽いノリの「X−MEN」といった感じ。


「X-MEN」はミュータント故の苦悩や人間との戦いなど、

少し重い(かどうかは又意見の分かれる所だと思いますが、

作り手側の意図としては)テーマを盛り込んでいたのに対して

こっちは完全なるヒーローです。


外見の醜さなどゴチャゴチャ悩んでいる風なシーンは有るのですが、

悪者を倒して、街の人に拍手喝采を浴びると、

「この仕事も悪く無いじゃん」・・・・軽い。


この人達何にも考えて無いと思います。これぞアメリカンヒーロー。

やっぱりバカじゃなくっちゃ!!


確かに中身が無い、人物描写も薄い、CGや特撮バンバンと、

ハリウッド映画を否定する人が必ず出してくる要素を

全て含んでますが、良いじゃん!!面白いんだもん。


そして2本目「チャーリーとチョコレート工場」


これは色が凄く綺麗な映画でした。工場の中も色々と面白い。

ディズニーランドのアトラクションを見ている様でした。


でもそれだけ。もうティム・バートンは終わった人なのかな?

ジョニー・デップを使えば良いってもんじゃないだろ。


そうゆう映画じゃ無いのに「ファンタスティック4」よりも

薄い映画でした。何の説得力も無し。


途中経過が中途半端なので、エンディングが全く説得力が無く、

見終わった後の消化不良感は満点でした。


ティム・バートン好きだったのにな〜。残念。
posted by guji at 11:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

レンタルビデオ

先日近所のレンタルビデオ店へ友人と行った時の出来事。


大ヒットし世間でもかなり話題になっていた映画を手に

近寄ってくる友人。「これってどうだった?」


自分、飲酒後だった事も有りかなり大きな声で

「あ〜クソだよクソ映画。見るだけ時間の無駄。監督の頭をもぎ取って

叩き潰したくなったよ」


それを当然耳にしたであろう近くに居た女性。

僕の方にかなり鋭い視線を投げかけながら近寄って来る。

そして表情を一変。満面の笑みで友人の方へ向き直り一言。

「私はすごく感動しました。是非見て下さい」


硬直する僕と友人。しばし沈黙。その沈黙を破る女性。

再び僕の方へ鋭い視線を向け「どの辺りがクソでした?参考までに」


もうその時点で泣きが入っている自分。友人に目で助けを求めるも

友人硬直続行中。仕方無くしどろもどろになりながら

「あの〜、う〜ん苦手なんです。こうゆう映画。」


弁解になっていない弁解に女性無反応。再び沈黙。

ここで金縛りから開放された友人慌てて

「見てみますね。感動しそうですもんね」


それに満足したのか女性笑顔で立ち去る。

しばしの沈黙の後、爆笑を堪えるのに必死の僕と友人。


教訓@大ヒットした映画を大きな声で罵倒してはいけない。

教訓A余り爆笑を堪えると、後でヒャックリが止まらなくなる

    
因みに友人は女性が店を出たのを確認後、ビデオをそっと棚に戻していました。
posted by guji at 11:02| Comment(9) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

コニー&カーラ

昨夜はめまいがする程に疲れていたので、職場の飲み会を無理やり断り
ビデオ鑑賞をしてました。

一昨日見たDVDを返しがてら借りて来たのは、
「コニー&カーラ」「ファインディング・ニモ」の二本。

ニモは今更な感じですが、ディズニーアニメは単純明快でスッキリしていて
やっぱり良いですね。疲れている時には最適です。
それ程ハズレも無いし。楽しめました。

そして「コニー&カーラ」ですよ。史上最高のビッグヒットとなったインディーズ映画
「マイ・ビッグファット・ウエディング」のニア・ヴァルダロス主演、脚本2作目。
これは激大当たりでした。
たま〜にこういう大当たりが有ると嬉しくて思わず一人ガッツポーズですよ。
ヨッシャー!!当たった!!

ストリーはお気楽おバカ、歌は上手いがセンスが悪い売れない歌手の女性2人が
偶然殺人事件を目撃。命を狙われるハメに。
身を隠す為に2人の取った行動は、女なのに女装してゲイバーのショーに出る事。
そこでの2人のパフォーマンスが観客に大うけ。次第に有名になって行くのだが・・。

途中からこの2人の女がどう見ても女装の男にしか見えなくなってきます。
何か良く分からんけど、すごいです。女なのに・・。

全体を通して流れるおバカな雰囲気、軽快な語り口、ミュージカル調で
ゴージャスなゲイバーのショー。途中ダレる事無くどんどん進むストーリー。
どこを取っても文句の付けようが無く最高でした!
posted by guji at 11:37| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

エピソード3

昨日レイトショーで「スターウォーズ」見てきました。
いや〜〜すごかったですよ。最高に面白い。
エピソード1〜3の中でダントツの面白さだと思います。
正直エピソード1,2は、んんん・・?だったのですが、
3は前2作とはレベルが違う。

始まって一分後には完全にストーリーに入り込み、
手に汗握ってました。
おまけにR2D2は大活躍するし、懐かしのチューバッカも出て来て
「ムゴームゴー」と吠えてるし、文句の付けようが無かったです!!
ただ相変らず、おいおい何でだよ!と突っ込み所は満載で、
見終わった後で友人と激しく意見が分かれた所も有ったのですが、
それはアナキン目線で見るか、オビワン目線で見るかの違いで
それも又興味深かったですね。因みに僕はオビワン目線でした。

これから見に行こうか迷っている方には、
この映画は絶対に劇場で見るべきだと、強くオススメしたいです。
本当に最高なんだから!!!
posted by guji at 15:58| Comment(6) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。