2005年09月30日

久々練習

昨日体調も大分良くなって来たので、久々に練習しました。


約一週間、間が空いてどうなったか。主な症状。


@ロングトーンがナチュラルビブラートに。こりゃ便利。

A右手親指に懐かしい痛みが。腱鞘炎再発なるか!

 これは洒落にならん。何とかせな。

B今まで何とかリズムが取れていた曲のリズムがグチャグチャに。

 これは本当に嫌だ。吹いていてイライラする。

 何故ちゃんと動かん、この腐れ指め!

C何とか出来るようになって来ていたグロウトーンの不発が大増量。

 ベルから自分の呻き声。不気味。

D常に酸欠。頭がクラクラ。これは病み上がり(完全に上がってない)

 だからか?

E吹き終わった後に唇がピクピク痙攣。これはちょっと癖になりそう・・。


こんな所でしょうか。

ただでさえ乏しいリズム感の退化。これはかなり痛いです。仕方ないけど。

退化した分を取り戻すまでは、しばらくは基礎練習の鬼になるか。
posted by guji at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | サックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前書いたかもしれませんが、友人のテナーを吹いてみて違いがわかりました。アルトだと鳴ってると解るんですけど、テナーに変えてみると、ベルの関係でアルトと比べると、音が出てない気分になるんですよ。で、沢山息を吹き込みしてしまうんです。本当はそこそこ鳴ってるのに、特に屋外で練習してると余計に吹いてしまって酸欠になる可能性もありますね。風邪の病み上がりでそうなのかもしれません。
Posted by TAKEZOU at 2005年10月01日 18:21
TAKEZOUさんこんにちは(^^)

そうなんですよ!屋外で練習していると、
音が散ってしまうので、つい無意識に力が入ってしまって
リードミスが増えたり、いつも以上に疲れたりしています。
出来るだけ力を入れずに、大きい音、響く音を
吹けるようにしたいのですが、中々難しいです。
Posted by gusuke at 2005年10月02日 13:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7518418

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。