2005年09月18日

2本立て

昨日は久々に映画二本立て。

「チャーリーとチョコレート工場」「ファンタスティック4」



まずは「ファンタスティック4」から。


これは本当に面白かったです!!軽いノリの「X−MEN」といった感じ。


「X-MEN」はミュータント故の苦悩や人間との戦いなど、

少し重い(かどうかは又意見の分かれる所だと思いますが、

作り手側の意図としては)テーマを盛り込んでいたのに対して

こっちは完全なるヒーローです。


外見の醜さなどゴチャゴチャ悩んでいる風なシーンは有るのですが、

悪者を倒して、街の人に拍手喝采を浴びると、

「この仕事も悪く無いじゃん」・・・・軽い。


この人達何にも考えて無いと思います。これぞアメリカンヒーロー。

やっぱりバカじゃなくっちゃ!!


確かに中身が無い、人物描写も薄い、CGや特撮バンバンと、

ハリウッド映画を否定する人が必ず出してくる要素を

全て含んでますが、良いじゃん!!面白いんだもん。


そして2本目「チャーリーとチョコレート工場」


これは色が凄く綺麗な映画でした。工場の中も色々と面白い。

ディズニーランドのアトラクションを見ている様でした。


でもそれだけ。もうティム・バートンは終わった人なのかな?

ジョニー・デップを使えば良いってもんじゃないだろ。


そうゆう映画じゃ無いのに「ファンタスティック4」よりも

薄い映画でした。何の説得力も無し。


途中経過が中途半端なので、エンディングが全く説得力が無く、

見終わった後の消化不良感は満点でした。


ティム・バートン好きだったのにな〜。残念。
posted by guji at 11:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

チャーリーとチョコレート工場
Excerpt: 鑑賞した日 : 9月10日土曜日 鑑賞した劇場 : 109シネマズ名古屋   本日2本目は「チャーリーとチョコレート工場」です。 ついにこの日が来ました。昨日から高鳴る鼓動。 ..
Weblog: ★☆★ Cinema Diary ★☆★
Tracked: 2005-09-18 11:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。