2005年09月15日

無理だった

楽器を持って1年位は、アンブシュアの破壊(!)に繋がるので

余りやらない方が良いと目にして以来グッと我慢していた、

ビブラートとサブトーン、グロウトーンの練習を、

そろそろ良い頃だろうと開始しました。


これをマスターすれば飛躍的に表現力が上がるはずです。

もう「もっとドラマティックに吹けよ」と言われずに済むかも。


まずはビブラート、あごを下げる練習から。

中音のドの音をロングトーンしながら、シの音が出るように歯を下げる。

そして元のドに戻す。これを交互に・・・・・。はい。無理。 


気を取り直してサブトーンの練習に移る。


下唇がリードに接する面を増やし、リードの振動を止め、

ゆっくり息を吹き込み、リードの先端部分だけ振動させる。


え???何だって???

もう一度読んでみる。う〜ん。自分にはまだ早い。


当面はビブラート一本に絞って地道に練習する事にします。

でも本当はグロウトーンが一番出来るようになりたいんです。

かっこいいですよね。
posted by guji at 08:16| Comment(8) | TrackBack(0) | サックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。